HDD交換時のデータ引越方法とリカバリーCD


HDDを長く使っていると、必ずいつかはハードディスク
空き容量不足への対応が必要になるときがやってきます。

仮に重いデータをなるべく外付けHDDに保存していても、
この容量不足というのは必ずやってくるものです。

そんなときには、とりあえずハードディスクだけ交換するか、
PCのOSごと大容量のハードディスク交換してしまうという方法があります。

OSごと交換する場合の手順としては、シンプルにいくなら、
まずは新しいハードディスクリカバリーしてから、
いままで使っていたHDDから中身のデータを引越しするというやり方になります。
※データは一旦外付けHDDへバックアップしておくこともお忘れなく。

しかし、時としてこのリカバリーCDが紛失という事態もあるようです。

そもそもリカバリーCD、PCを買ったときは「かなり大事なもの」という認識は
誰しも持っていて、特別な場所に保管しておくようですが、
普段はほとんど使うことがない代物ですので、
例えば、HDD交換をすることになりデータを引越ししようと思い、
ようやくリカバリーCDの出番が来たときに、
「見当たらない」・「どこにもない」・「どうしよう‥」
といった状況が起こり得るのですね。

そんな場合、やむなくパソコンショップを訪ねることになるのですが、
HDDのコピー代12000円
データの引越し代が7000円‥
など、ずいぶんお金がかかってしまいます。

自分でやる方法もありますが、基本的にはハードディスク交換するときのためにも
リカバリーCDだけは無くさないように保管しておきましょう。
また、心配な場合はリカバリーCDのバックアップをとっておくこともできますので、
失くしてしまう心配がある方は複製しておくか、
または外付けHDDにコピーしておくという方法もあります。

ハードディスク(HDD)の「問題・トラブル」解決ナビ TOP



スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。